主宰紹介

ホーム > 主宰紹介

ごあいさつ

リズムオブラブの「ミットパーカッション®」「あそびのおけいこ」「交通安全・安心体操」「生活安全・安心体操」等は、山梨発信の楽しい健康安全郷育プログラムです。
リズミカルな音楽に合わせ、いざと言うときの身のこなし方や技、怪我や事故を防ぐための安全で効果的な心と体の使い方をマスターできます。

20年の教職歴を生かし、「かけがえのない命を愛することができる心と体」を共に育て合いたいとの思い・願いのもとに、2002年に創始しました。リズム オブ ラブのリズムは、生命の源である母親の心臓の鼓動が原点です。

親子のプログラムを基本に、誰もが生涯を通じて身近な場所で楽しめる内容を展開中です。
幼児・学生、ファミリー、一般成人、障がい者、高齢者向けなどコースも充実。次の効果が期待できます。
 1.安全基礎体力の向上・ストレスの発散・コミュニケーション能力の養成
 2.危険察知回避能力の向上・俊敏性やコーディネーション能力の体得
 3.礼儀作法の会得・集中力や協調性や共感性の養成
等々、皆様の心と体に「元気と癒しと笑顔」をリズムにのせてお届けします。

かけがえのない命を育む種を共に蒔きましょう。

リズム オブ ラブ
主宰 渡辺光美

主宰経歴

所有資格

プロフィール

渡辺光美(わたなべみつみ) 山梨県出身 甲府市在住

健康安全郷育アドバイザー
リズムオブラブ主宰
ミットパーカッション® クリエイター
森林セラピスト®
やまなし大使
山梨県総合計画審議委員

都留文科大学卒業後、小学校と幼稚園の教諭を20年間務める。2008年に退職し、2009年に「かけがえのない命を大切にできる心と体づくり」を目的としたボランティア団体「リズムオブラブ」を設立。
2002年から乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層を対象とし、受講生の体力や環境、ニーズに応じた自身考案の「健康安全郷育プログラム」の指導に当たる。
現在、山梨県警と山梨放送と協力し、振り込め詐欺撲滅キャンペーンや反射材着用キャンペーンを実施中。
山梨県教育委員会育児サポート番組「子育て日記」(山梨放送)番組制作委員として指導。
「テコレンジャー」「エンジョイ!リズテコ」CD制作。
「共助の響き!健康安全郷育視聴覚教材」「交通安全・安心体操~横断歩道編~」
「交通安全・安心体操~高齢ドライバーズ編~」「ころばぬ先のThe(座)杖体操」
「振り込め詐欺撲滅体操『オレオレサギに御用心』」
「振り込め詐欺撲滅体操『悪質サギに御用心』」
「ふるさと山梨でたくましく生き抜ける子どものための健康安全~あそびでまなぼう~」
「山梨発信!『電話詐欺』撲滅体操」「山梨発信!命の光ちゃん~リフレクター~体操」DVD制作。
「山梨発信!交通安全・安心体操~おでかけシルバーカーたいそう~」絵本(2015年山梨広告賞奨励賞受賞)を制作。
「保育における『安全教育』の考察~幼児の危険察知・回避能力をもとに~」「伝承遊びを活用した、こどもの危険察知・回避能力の開発に関する基礎的研究」論文発表。